Vラインの自己処理は危険に決まってます!

Vラインの自己処理はとっても危険だということ知っていますか?脱毛サロンに行くのはお金もかかるし、痛そうだし、何よりパンツを脱いで全部見られてしまうのが恥ずかしすぎるという人は多いと思います。確かに堂々とパンツを脱ぐことのできる人はいません。しかし、Vラインは自己処理によってではきれいに脱毛することができない部位なのです。
 まず1つ目に、Vラインは自分では見えにくい場所なので、誤ってけがをしやすくなります。正面から形を整えることもできないので、結果として左右がずれていたりきれいな形に仕上がらないことがよくあります。
 2つ目には、カミソリを使用して剃ると、刃でけがをしてしまうことがあります。傷ができてしまうとデリケートゾーンなので、雑菌が入り込みやすくもなってしまいます。そして、カミソリで剃ることによって毛は完全に除去されていないので、逆に次に生えてくる範囲が広くなってしまうことだってあるのです。また、毛抜きもおすすめできません。痛いですし、1本1本抜くことになるので多大な時間も要します。そして、抜いた部分はぽつぽつと埋没毛になりやすくなります。
 そして、除毛クリームや脱毛器もデリケートゾーンには使用しないことです。除毛クリームは肌が薄い部分にすると痒みを起こしたり赤くなったりします。かぶれてしまうと不快感が続くので、除毛クリームは使わないようにしましょう。脱毛器も危険です。電子機器になり、いくら肌に優しく作られていても一つ誤るとけがをしてしまいます。そして、肌にも大きな負担がかかります。
 このように、何気なく自分の判断で行ってしまっているVラインの自己処理、本当はとても危険なんです。脱毛サロンではアフターケアなどもしっかりと行ってくれるので、Vラインをきれいにしたいと思ったら一度体験を兼ねて行ってみるとよいでしょう。